医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

心理療法

大腸がん 病院 心理療法

 

ガンそのものの治療とは違いますが、
心理療法も重要な治療のひとつとなります。

 

ガンは、程度の差こそあれ、

治療の期間が長い

大きな手術をする

抗ガン剤などの副反応がある

ことなど、精神的にも大きな負担を抱えることになります。

 

ガンの進行度合いによっては、余命宣告を受けたりするので、
精神的に追い詰められてしまうこともあります。

 

そして、それを支えて見守る家族も同じで、
ストレスや不安を抱えることは、避けられません。

 

そこで用いられるのが、心理療法です。

 

 

心理療法の内容とは?

カウンセラーは、ガン患者の思いを受け止め、
会話をすることで、闘病生活の辛さを少しでも改善してくれます。

 

実際に、ガン治療のために入院している最中に、
うつ病を併発する患者は、とてもたくさんいるのです。

 

場合によっては、自殺に至ることもあるので
心理療法によって、患者の心の負担を少しでも
取り除いてあげる必要があると言えます。

 

 

身内にできる配慮とは?

大腸がん 心理療法

 

また、心理療法を受けると同時に
家族や肉親の接し方なども、患者の負担軽減に繋がります。

 

例えば、ガンだからと言って
極端に特別扱いしたり、心配している様子を
強くアピールするような言動は避けてください。

 

患者は、ただでさえ精神的にデリケートな状態なので、
特別扱いされたり、心配されたりすると
自分の病気や、置かれている立場を、はっきりと自覚してしまいます。

 

 

自分は病人で、何もできない、誰かの助けなしでは生きていけない・・・・

という、自己否定感に駆られてしまうのです。

 

大腸ガン患者のメンタル面を支えるためには、
しっかりとした体勢の心理療法を受けることと、
周りで支える家族の配慮が大事だということなのです。