医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

化学療法

大腸がん 病院 化学療法

 

化学療法とは薬剤を服用したり、
体に点滴やポンプを付けて、薬を投与する方法です。

 

全身化学療法と呼ばれ、主に薬物治療のことを言います。

 

ただし、大腸ガンの主な治療法は手術です。
手術によって、ガンを切除することがまず第一です。

 

 

化学療法を行う3パターン

化学療法を主な治療法にする場合は、
大きく分けて3パターンあります。

 

  • 手術ができないほど広がってしまう進行ガン。
  • 手術をした後に、再発してしまったガン。
  • 手術では取り除ききれなかったガン。

 

この3つは、直ぐに手術をすることができません。

 

化学療法で、病気の状態をコントロールしたり、
ガンの進行の勢いを弱めます。
患者の生存期間を延ばすことや、痛みの軽減などが目的です。

 

 

化学療法で完治はできない?

大腸がん 化学療法

 

大変残念なことですが、化学療法は完治のためのものではありません。

 

ただし、化学療法を続けていくうちに
ガンが小さくなり、これまで不可能と言われていた手術も
できるようになることがあります。

 

また、補助的に化学療法を使う場合もあります。

 

手術で治癒切除した大腸ガンが、再発しないように
予防的に化学療法を行います。

 

再発する可能性が高いときも、再発するのを
できるだけ遅らせるために、使用します。

 

 

化学療法の副作用

薬物での化学療法は副作用が強く、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲減退
  • 脱毛

などが起こります。
神経に出る症状や、肝機能障害なども引き起こされます。

 

服用した数日後くらいから副作用が出始めますが、
服用量を減らしたり、中断することで良くなる場合がほとんどです。

 

医師にレジメンの変更を相談しましょう。