医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

手術

大腸がん 病院 手術

 

大腸ガンは、初期の段階であっても
手術での治療が必要な場合があります。

 

 

3種類の手術

大腸ガンの手術には、大きく分けて3種類のものがあります。

 

結腸ガン手術

まずは、結腸ガン手術です。
大腸ガンは結腸ガンと、直腸ガンの総称なので、
ガンのできた部位によって、手術の仕方が異なります。

 

結腸ガンの手術は、切除範囲が広くても狭くても、
術後に起こる、機能障害がほとんどありません。

 

結腸ガン手術の場合、転移の確認ができなくても
予防的にリンパ節も一緒に切除します。

 

直腸ガン手術(自律神経温存術)

そして、直腸ガンの手術方法です。

 

直腸ガンの場合、自律神経温存術という方法によって
ガンを徹底的に切除しながらも、
自律神経(排泄機能と性機能の神経)を完全に残すことも可能です。

 

肛門括約筋温存術

また、肛門括約筋温存術という手術方法もあります。

 

これは、ガンを切除した後、長さが短くなった結腸の端と
直腸の端を縫い、結合させます。

 

そうすることで、手術前のように
肛門から普通に排便することを可能にする手術です。

 

最近、大腸ガン手術の技術が発達したことで、
普通に便や尿を排出する機能を
残しながらできる治療が進んでいるのです。

 

 

その他の手術

大腸がん 手術

 

その他、腹腔鏡手術という
ごく小さな傷口だけで済む手術方法もあります。

 

4〜8センチの小さな傷口から、器具を入れて
炭酸ガスで膨らませた腹部の手術をします。

 

腸の内部は、腹腔鏡で映像に起こし
その映像を見ながら切除していきます。

 

大きく切開する必要が無いので、術後の傷の痛みも少なく
患者の体力も、他の手術に比べて温存しやすいです。

 

いくつか手術方法を解説しましたが、
どのような手術方法を選択するのが良いかは、
担当の医師と相談し、指示に従うようにしましょう。