医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

入院期間

大腸がん 病院 退院

 

大腸ガンの手術で入院する場合、
それほど長い期間入院させない病院が増えています。

 

 

入院期間の目安は?

大腸ガンの入院期間は、全国の病院の統計の結果、
最短では13日程度なのですが、
最長では60日間、約2ヶ月ほどです。

 

平均を計算すると、約29日となっています。
およそ、1ヶ月程度は見積もっておいた方が良いですね。

 

もちろん、ガンの状態や、患者の体力などによって
入院して経過をしっかりチェックするための時間は
まちまちなので、一概に「何日」と断定できません。

 

しかし、病院では、様々な術後経過のデータを出し合い、
なるべく入院期間が短くて済むように検討しています。

 

 

入院費の負担は大きい?

大腸がん 入院費用

 

入院するには、それなりの医療費がかさみます。

 

まず、入院1日あたりに換算して
医療費は20,000円掛かります。

 

患者の自己負担分としても、6,000円は請求されます。

 

普段生活していて、6,000円という金額を
何週間も毎日支払うことは、庶民にはあまり無いことですよね?

 

この負担は大きいですし、
入院保険やガン保険に加入していない人も多いため
入院期間はなるべく少ないのが理想です。

 

ただし、無理をして早々に退院してしまうと、
自宅に帰ってから体調を崩したり、
本調子ではないのに、普段どおり動き回ろうとしてしまいがちです。

 

ここで言う13日〜60日という日数は、
あくまで目安なので、担当の医師としっかり相談し、
指示に従うことが最善です。