医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

専門医療での治療

大腸ガンと診断されたら、専門医療での治療は必ず行う必要があります。

 

どのような治療方法があるのか、知識をつけておきましょう!

専門医療での治療記事一覧

大腸ガンという確信があってもなくても、気になる症状や心配なことがあったらまず病院へ行きましょう。病院に行くほどのことでもないかな?と、自分で判断してしまい、発見が遅れるケースはたくさんあります。自分で判断せず、お医者さんの診察を基準としてください。病院選びがとても重要!実際に大腸ガンであると診断され...

大腸ガンと診断されたら、まず初めに名医を探すことから始めます。大腸ガン治療・手術のスペシャリストである医師は全国にいます。先程の項目で、病院選びについてお話しました。そのとき、名医を先に見つけてから、その医師が所属する病院に行く、というのも良い方法です。最先端技術をいくら駆使しても、医師の技量がなけ...

大腸ガンの手術で入院する場合、それほど長い期間入院させない病院が増えています。入院期間の目安は?大腸ガンの入院期間は、全国の病院の統計の結果、最短では13日程度なのですが、最長では60日間、約2ヶ月ほどです。平均を計算すると、約29日となっています。およそ、1ヶ月程度は見積もっておいた方が良いですね...

大腸ガンは、初期の段階であっても手術での治療が必要な場合があります。3種類の手術大腸ガンの手術には、大きく分けて3種類のものがあります。結腸ガン手術まずは、結腸ガン手術です。大腸ガンは結腸ガンと、直腸ガンの総称なので、ガンのできた部位によって、手術の仕方が異なります。結腸ガンの手術は、切除範囲が広く...

大腸ガンの治療には、放射線を使う方法があります。しかし、全ての大腸ガンで適用できる治療法ではありません。特に、S状結腸のガンはお腹の中ですぐに動いてしまうので、ガンのある場所が一定ではありません。放射線を当てる位置も定まらないので、使用されません。また、上行結腸・下行結腸でも、放射線での治療をしませ...

レジメンとは医療用語で、薬の投与の仕方のことを表しています。一般的な薬ではなく、抗ガン剤・感染症の治療薬などの、投与量期間薬の種類をどのようにするか、示します。例えば、○○病には、○○という薬を、経口で10ml・1日3回・7日間という具合です。風邪を引いて、病院で風邪薬を貰うと、調剤薬局で飲み方の説...

化学療法とは薬剤を服用したり、体に点滴やポンプを付けて、薬を投与する方法です。全身化学療法と呼ばれ、主に薬物治療のことを言います。ただし、大腸ガンの主な治療法は手術です。手術によって、ガンを切除することがまず第一です。化学療法を行う3パターン化学療法を主な治療法にする場合は、大きく分けて3パターンあ...

ガンそのものの治療とは違いますが、心理療法も重要な治療のひとつとなります。ガンは、程度の差こそあれ、治療の期間が長い大きな手術をする抗ガン剤などの副反応があることなど、精神的にも大きな負担を抱えることになります。ガンの進行度合いによっては、余命宣告を受けたりするので、精神的に追い詰められてしまうこと...