医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

ステージ

大腸がん ステージ

 

大腸ガンは、進行の度合いを表すのに、
0から4のステージに分けられています。

 

数字が小ないステージは軽度のガンで、
数字が大きくなるに連れて、ガンの大きさや
転移の状態も悪化していることになります。

 

 

ステージ別の症状

大腸がんのステージは、ステージ0から4へ移行するに連れて、
進行が進んでいきます。
各ステージの症状について解説します。

 

ステージ0

大腸ガンの食事

 

まず、ステージ0です。

 

ステージ0は最も初期の段階で、
ガンは腸の粘膜の中だけに留まっている状態です。
他の部位への転移なども、このステージではありません。

 

ステージ1

大腸ガンの食事

 

そして、ステージ1は、0に比べると
ガンは、やや広がった状態になります。

 

ただし、ガンはまだ粘膜だけにしか確認できず、
他の部位への転移もない状態です。

 

ステージ2

大腸ガンの食事

 

次は、ステージ2です。

 

ステージ2は、腸の粘膜を超えて「筋層」にも
ガンが広がっている状態を言います。
しかし、このステージもまだ転移は見られません。

 

ステージ3

大腸ガンの食事

 

そして、次のステージ3は2種類に分けられています。

 

ステージ3は基本的に、リンパ節へ転移しています。

 

例え、ガンが粘膜の中だけに留まっていて、
筋層には広がっていなくても
リンパ節への転移は起こってしまいます。

 

その転移の仕方で、ステージ3はAとBに分けられます。

 

ステージ3A

まず、ステージ3aは転移の数が3箇所以下と少ないものや、
ガンの場所と、リンパ節転移の場所が近いものです。

 

ステージ3B

その反対で、ステージ3bは、転移数が4箇所以上、
ガンの場所と、リンパ節転移の場所が遠いものを表します。

 

ステージ4

大腸ガンの食事

 

そして最後の、ステージ4です。

 

これは、「末期ガン」とも言える段階です。

 

ガンの進行が進み、

  • 肝臓
  • 腹膜

など、体のあらゆる場所に転移している状態です。