医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

末期症状

大腸がん 末期症状

 

大腸ガンに限らず、ガンは末期になると
生存率も低くなり、治療も難しくなります。

 

初期段階では、

  • 便秘
  • 下痢
  • 血便

など便の異常が圧倒的に多いですが、
進行すると激しい痛みや、嘔吐などの症状も見られます。

 

大腸の粘膜に腫瘍ができているのが、大腸ガンの状態です。
その腫瘍は、進行と共に大きくなっていくので
当然、腸の通り道はどんどん狭くなっていきます。

 

そのため、便秘などの症状が起こるわけです。

 

 

末期になると

進行して末期となれば、腸の通り道が腫瘍によって
完全に閉じてしまうこともあるのです。

 

こうなってしまうと、食べた物は腸を全く通過できません。
食事などをとるのも、難しくなってしまいます。

 

また、ガン細胞が腹膜全体に広がってしまうことも考えられます。
この状態では、激しい腹痛や嘔吐などが、必ず発生します。
そして、イレウスと呼ばれる「腸閉塞」となる危険性も出てきます。

 

大腸ガンの食事

 

 

さらに、これは部分的にガン細胞が大きくなるときの症状ですが、
転移してしまうと更に、別の症状が出始めます。
(詳しくは、転移のページで説明しています。)

 

末期症状では、明らかな痛みや体の不調が感じ取れるので、
ここではじめて病院を受診する人は多いです。
状態によっては、余命宣告を受けることもあるのです!

 

ここまで進行しているのにも関わらず、
気付かないことも珍しくないのが大腸ガンの怖いところなのです。