医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

腫瘍マーカー

大腸がん 腫瘍マーカー

 

腫瘍マーカーとは、健康な人・病気の人を問わず
血液中に存在している、特殊な物質です。

 

ただし、健康なときにはこの腫瘍マーカーの数は
本当に微量で、ガンが発生することによって増殖します。

 

腫瘍マーカーとガンは、関係深く
ガンが発生すれば、腫瘍マーカーも一緒に大量発生するのです。

 

血液中の腫瘍マーカーの数値が高いときは、
ガンを疑う必要が出てくる、というわけです。

 

そこで、病院では腫瘍マーカーの検査を行います。

 

 

検査の方法は?

大腸がん 腫瘍

 

現在は、患者の血液を採取して
ふるいわけという作業で検査を行っています。

 

普通の血液検査のように、採血する場合と、
尿検査・膣分泌液の検査をすることもあります。

 

しかし、まだまだ研究途中の新しい検査方法なので、
絶対的な精度ではないのが現状です。

 

腫瘍マーカーの数値が高くても、
必ずガンが見つかるわけではありません。

 

逆に腫瘍マーカーの数値は低くても、
ガンの危険性が全く無いと、言いきれるわけでもないのです。

 

数値だけを見ても、体の内部のことは確実に分からないのです。

 

 

検査のメリット

しかし、CTやX線などの他の検査方法と同時に行い、
参考にすることで、ガンの発見率も高くなります。

 

それ以外にも、治療中に転移がないかどうか確認したり、
再発防止などにも役立てることができます。

 

この先も開発や研究が進むに連れて、
もっと重要な検査手段となっていくでしょう。

 

ガンと向き合う人たちは是非、
このような検査方法があるということも知っておいてください。