医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

生存率

大腸がん 生存率

 

大腸ガンは、進行度合いを表すのに
「ステージ」の他にも「デュークス」という分類を用います。

 

 

デュークスとは何か?

デュークスも、分類の基準はステージと同じですが
生存率を表す数字が、決められています。

 

デュークスA(ステージ0)

95%

デュークスB(ステージ1)

80%

デュークスC(ステージ3)

70%

デュークスD(ステージ4)

10%

 

 

大腸ガンの生存率は、5年生存率・8年生存率で計算されます。
上記の数字は、5年生存率のパーセンテージです。

 

この5年・8年という年数は、
大腸ガンだと診断を受けた日から、
5年、8年経過したときのことを指します。

 

簡単に言えば、5年〜8年生きられる確率のことです。

 

ただし、治療によってガンを完全に取り除き、
5年経っても再発が無ければ、それは完全治癒です。

 

それ以降は、治療済みのガンの影響で亡くなることはありません。

 

 

初期は生存率は高い!

大腸がん 生存率

 

そして、注目してもらいたいのが
デュークスCまでの生存率は、全て50%を優に超えているところです。

 

デュークスAでは、95%。
100%に近い数字が出ているのです。

 

発見の時期次第では、比較的生存率も高く
治る可能性を、十分に見込めるということが分かりますよね!

 

ただし、下のデュークスDにまで進行してしまうと、
一気に生存率は下がり、たったの10%となります。

 

これは、複数の臓器に転移していて、
ガンを全て取り除くことが難しいからです。