医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

転移

大腸がん 転移

 

転移とは、腫瘍が血流やリンパの流れに乗って
元々発生した部位と離れた場所で
発育してしまうことを言います。

 

 

大腸ガンは転移しやすい

ガンでは、この転移に十分注意しなければなりません。
また、ガンを発見した時点で、
転移が起こっていることも少なくないのです。

 

特に転移しやすい臓器は、2つあります。

 

肝臓

大腸ガンでは特に、肝臓へ転移しやすいです。

 

大腸ガンを患う人の約1割は、
肝臓への転移があり、手術を受けて治療した後も、
約7%の人は、肝臓で再発すると言われています。

 

そしてもうひとつ、大腸ガンが転移しやすい場所は、肺です。

 

大腸ガン患者の約2%の人に、肺転移が確認され
手術を受けた後も、約5%の人は、肺での再発があります。

 

 

転移する原因

大腸の粘膜の中で発生したガンが、
どうやってこのような離れた臓器に飛ぶのかと言うと・・・?

 

大腸ガンの場合、リンパ性転移・血行性転移が考えられます。

 

大腸ガンの食事

 

リンパ性転移

リンパ性転移とは、体の中に流れる
毛細リンパ管を流れる組織液によって、
ガン細胞が運ばれてしまう、転移の仕方です。

 

血行性転移

そして、血行性転移はその名の通り
血流の流れにガン細胞が乗ってしまい、
体のあらゆるところに運ばれ、転移する可能性が出てしまうものです。

 

 

リンパも血流も、常に体を循環しています。
ガン細胞がそれに乗ってしまうことで、
ガンが発生した場所以外も、危険に晒されることとなります。

 

この転移の箇所が多ければ多いほど、
治療も困難になり、生存率も落ちます。

 

広がり方によっては、手術をしても
全て取り除くことができない場合もあるのです。