医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

進行過程を学ぶ

大腸ガンが、どのように進行していくのかや、

 

それに伴う症状の変化などを知ることができます。

進行過程を学ぶ記事一覧

大腸ガンは、初期症状が痔によく似ていると以前の項目でもお話しました。大腸ガンは、初期症状を見落としたり痔と勘違いして放置してしまいがちなので改めてポイントを整理しておきましょう。便秘、残便感、下痢まず、便秘です。便秘と一口に言いますが、大腸ガンの初期症状の便秘には、残便感など様々なケースがあります。...

大腸ガンに限らず、ガンは末期になると生存率も低くなり、治療も難しくなります。初期段階では、便秘下痢血便など便の異常が圧倒的に多いですが、進行すると激しい痛みや、嘔吐などの症状も見られます。大腸の粘膜に腫瘍ができているのが、大腸ガンの状態です。その腫瘍は、進行と共に大きくなっていくので当然、腸の通り道...

大腸ガンは、進行の度合いを表すのに、0から4のステージに分けられています。数字が小ないステージは軽度のガンで、数字が大きくなるに連れて、ガンの大きさや転移の状態も悪化していることになります。ステージ別の症状大腸がんのステージは、ステージ0から4へ移行するに連れて、進行が進んでいきます。各ステージの症...

転移とは、腫瘍が血流やリンパの流れに乗って元々発生した部位と離れた場所で発育してしまうことを言います。大腸ガンは転移しやすいガンでは、この転移に十分注意しなければなりません。また、ガンを発見した時点で、転移が起こっていることも少なくないのです。特に転移しやすい臓器は、2つあります。肝臓大腸ガンでは特...

リンパ節は、臓器ではありませんが体の環境維持のためには欠かせない、大事な部位です。しかし大腸ガンは、このリンパ節にも転移しやすいのです。リンパ節転移とは?腸の壁の中には、リンパ管が通っています。このリンパ管は長いのですが、その所々にリンパ節があります。リンパ節は、そこに流れ込んできた細菌や病原体を攻...

大腸ガンは、進行度合いを表すのに「ステージ」の他にも「デュークス」という分類を用います。デュークスとは何か?デュークスも、分類の基準はステージと同じですが生存率を表す数字が、決められています。デュークスA(ステージ0)95%デュークスB(ステージ1)80%デュークスC(ステージ3)70%デュークスD...

腫瘍マーカーとは、健康な人・病気の人を問わず血液中に存在している、特殊な物質です。ただし、健康なときにはこの腫瘍マーカーの数は本当に微量で、ガンが発生することによって増殖します。腫瘍マーカーとガンは、関係深くガンが発生すれば、腫瘍マーカーも一緒に大量発生するのです。血液中の腫瘍マーカーの数値が高いと...