医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

膀胱がん

大腸がん 膀胱がん

 

膀胱がんは、50代から患者が増加し始めるガンです。

 

 

膀胱がんの症状

大腸がんと同じように、初めは痛みがありません。
しかし、進行するにつれて次の症状が現れ始めます。

 

血尿

初期症状は血尿で、目に見えて血の色が分かる場合と
顕微鏡検査で調べなければ分からない場合があります。

 

注意点は、血尿の程度と、
病状の進行具合が比例していないことです。

 

目に見えない血尿でもガンが進行していたり、
逆に酷い血の出方をしていても、
それ程重度のガンでない場合もあります。

 

排尿障害

ただし、血尿が酷くなってくると、
膀胱に血のかたまりができ始めるので、排尿がしずらくなります。

 

かたまりの位置や大きさによっては、
全く排尿できなくなることもあります。

 

膀胱炎

膀胱炎を併発すると、排尿時に強い痛みを感じたり
残尿感などの不快症状が出てきます。

 

 

大腸がんとの関係

大腸がん 膀胱

 

大腸ガンとの関係ですが、大腸も膀胱も
どちらも骨盤の中に位置しているので、
とても近い距離に位置していることになります。

 

大腸から膀胱に転移する場合も、多々ありますし
膀胱ガンの中には、大腸ガンの治療方法が適用されることもあります。

 

実際に、進行ガンの大腸ガンが、
子宮と膀胱に浸潤したという例もあります。

 

子宮も膀胱と同じように、骨盤内部にあり
大腸と非常に近い場所にあるのです。

 

また、重複ガンと言って、複数の臓器でガンが発生することもあります。
大腸と膀胱の重複ガンを患う人も実際に多く、
治療後も癒着などを起こすため、手術後の合併症が残ることがあります。

 

膀胱がん関連ページ

直腸がん
結腸がん
大腸ポリープ