医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

結腸がん

大腸がん 結腸がん

 

結腸は、S状結腸・横行結腸・上行結腸・下行結腸の
4つの部位によってなりたっています。

 

大腸ガンの食事

 

 

ガンになりやすいのは?

結腸がんの中でも、一番多いのが
S状結腸ガンになります。

 

大腸がんの中では、直腸結腸の次に
このS状結腸がんが多いといわれています。

 

S状結腸と言う言葉は、ガンに詳しくない人でも
耳にしたことがある人が多いです。

 

その次に多いのが、上行結腸ガンです。

 

それに加え、直腸ガンは増加傾向にあるので
現在日本で第1位である「胃ガン」を
抜いてしまう可能性もあると言われているのです。

 

 

結腸ガンの手術

大腸がん 結腸

 

結腸ガンの、初期であれば腹腔鏡で画像確認しながら行う、
比較的簡単な手術で済みます。(手術のページでも詳しく載せています。)

 

  • 横行結腸
  • 上行結腸
  • 下行結腸
  • S状結腸

はどれも、他の組織とくっついているので、
それを剥離(はがす)作業が必要で、
れっきとした外科手術になります。

 

これらの手術は、最後に切除した部分の
結腸を元の形に結び合わせる作業をします。

 

従来はその結び合わせに、普通の針と糸を使用していましたが、
現在では医療用の、カッター付きホッチキスを使用します。

 

このホッチキスの使用によって、
手術の時間短縮ができたり、合併症を減らすことが可能になったのです。

 

日本人がとても掛かりやすく、
進行も早いガンだと言えますが、早期発見や早期治療、
医療技術の進歩によって、完治も十分期待できます。

 

実際に克服して完治された患者さんもいますので、
希望を持って、頑張って治療していきましょう!

 

結腸がん関連ページ

直腸がん
大腸ポリープ
膀胱がん