医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

直腸がん

大腸がん 直腸がん

 

大腸ガンは、直腸がんと結腸がんの総称のことで、
直腸がんも結腸がんも、発生する原因や
頻度に決定的に大きい差はありません。

 

ガンは、大腸の中であれば、
どこにできるかわからないということなのです。

 

ただし、大きな差はありませんが、直腸はガンになりやすい
という報告もあるので、大腸ガンのリスクがあるという人は
特に危険な部位として覚えておくと良いでしょう。

 

 

直腸ガンの手術がむずかしい理由

しかし、直腸ガンは特に手術が難しい部位です。

 

大腸ガンの手術は、外科手術が主な治療法で
それが直腸ガンの場合も同じです。

 

しかし、直腸は骨盤の中にある臓器なので、
骨盤の中に同じようにある臓器を傷つけずに
ガンを取り除くことがとても難しいのです。

 

男性では、骨盤の中に「膀胱・前立腺・精嚢」があります。
女性では、「膣・子宮・卵巣・膀胱」があります。

 

男女問わず、どちらも直腸よりも
前方にこれらの臓器があるため、手術が難しいのです。

 

 

直腸の種類

直腸には、いくつかの種類があり

  • S状直腸部
  • 上行直腸
  • 下行直腸

に分けられます。

 

しかしどれをとっても、骨盤の中に位置していることには変わりありません。

 

大腸ガンの食事

 

 

また、肛門括約温存術(手術のページで詳しく書いています。)
が適用できるかどうか、という問題もあります。

 

 

直腸からのがん転移

また直腸から、同じ骨盤の中にある
他の臓器に転移する可能性は十分にあり得ると言えます。

 

そのため、次に述べる他のガンも併発しやすいので、注意が必要です。

 

  • 子宮ガン
  • 膀胱ガン
  • 卵巣ガン
  • 前立腺ガン

 

直腸がん関連ページ

結腸がん
大腸ポリープ
膀胱がん