医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

関連のある病気

大腸は、結腸と直腸の2種類に分類され、

 

ガンの特徴も違うので、さらに詳しく解説しています。

 

その他の、大腸ガンに関連のある病気も載せています。

関連のある病気記事一覧

大腸ガンは、直腸がんと結腸がんの総称のことで、直腸がんも結腸がんも、発生する原因や頻度に決定的に大きい差はありません。ガンは、大腸の中であれば、どこにできるかわからないということなのです。ただし、大きな差はありませんが、直腸はガンになりやすいという報告もあるので、大腸ガンのリスクがあるという人は特に...

結腸は、S状結腸・横行結腸・上行結腸・下行結腸の4つの部位によってなりたっています。ガンになりやすいのは?結腸がんの中でも、一番多いのがS状結腸ガンになります。大腸がんの中では、直腸結腸の次にこのS状結腸がんが多いといわれています。S状結腸と言う言葉は、ガンに詳しくない人でも耳にしたことがある人が多...

大腸ポリープは、腸の粘膜が隆起したもので大雑把に表現すれば「イボ」のようなものと言えます。腸の粘膜にできる突起物です。生まれつきできているものもあり、異所性膵などは特にガン化しない、良性なものです。また、脂肪の周りでできる脂肪腫も腫瘍ですが、これもガン化しないので、心配は要りません。さらに、過形成ポ...

膀胱がんは、50代から患者が増加し始めるガンです。膀胱がんの症状大腸がんと同じように、初めは痛みがありません。しかし、進行するにつれて次の症状が現れ始めます。血尿初期症状は血尿で、目に見えて血の色が分かる場合と顕微鏡検査で調べなければ分からない場合があります。注意点は、血尿の程度と、病状の進行具合が...