医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

食事と再発

大腸がん 食事

 

ガンを患った患者さんはきっと、
再発をとても恐れていると思います。

 

体力も精神力も消耗するような、大きな手術を終えても
また治療を繰り返すことになるのは、辛いですよね。

 

 

再発を高める食事とは?

大腸がん 食事

 

大腸ガンは、欧米型の食事をすることによって
再発してしまう確率が高くなります。

 

欧米型というのは、

  • 牛や豚の赤肉
  • 乳製品
  • 脂肪分の多いデザートや菓子

のことを言います。

 

大腸ガンの治療を行い、手術まで行えば
体力は落ちてしまい、体重や筋力も減ります。

 

そこで、体にもっとエネルギーを与えようと
肉料理をたくさん食べてしまう方が多いのです。

 

しかし、これが再発のリスクを高めてしまい、
その速度も早くしてしまうのです。

 

 

欧米型の食事がガンを再発をさせる理由

大腸ガンの食事

 

その理由はまず、欧米型の食事をすると
血液の中に含まれる物質の、

  • インスリン
  • Cぺプタイド
  • レプチン

などが増加してしまうことにあります。

 

これらの物質は、腫瘍の成長と関係がとても深いので
体の中に残っていたガンの成長を、助長させることになるのです。

 

一部では、食事と大腸ガンの再発には
関係がないという報告もあります。

 

しかし欧米食には、このように
物理的にガンを成長させてしまう働きがあり、
実際にデータとして報告もされています。

 

神経質になりすぎてはいけませんが、
術後すぐは、まだ完治した状態ではありません。

 

再発させないためにも、食事は健康的なメニューで、
低インスリンを心がける必要があります。