医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

アルコール

大腸がん アルコール 酒

 

アルコールのとり過ぎは、
大腸ガンのリスクを高めると言われています。

 

大腸ガンだけでなく、胃ガンなどのリスクも同時に高くなるので
毎晩たくさんお酒を飲む人は、要注意です。

 

焼酎や日本酒、ウイスキーなどのアルコール度数の高いお酒を、
割らずにロックで飲むのも要注意です。

 

ビールや缶チューハイなど
比較的アルコール度数の低いお酒よりも刺激が大きく、
ガンやその他の病気を引き起こす危険性が高まります。

 

 

ワインはOK?!

ただし、ワインに関してはちょっと特別です。

 

適度にワインを飲む習慣がある人は、
全く飲まない人に比べて、結腸ガンのリスクが半分しかない
という報告もされているのです。

 

有機酸含有量が多く、抗酸化物質が含まれていて
大腸ガン予防に役立つと言われています。

 

しかし、ワインもアルコール度数的には高いので
飲みすぎには気を付けて下さい。

 

「適量」を守ることが大事で、なるべく休肝日を作り
その日数も増やしていきましょう。

 

 

アルコールの適量は?

大腸がん アルコール

 

大好きなお酒を、「一切飲んではダメ!」と
規制してしまうと、それが大きなストレスとなります。

 

ストレスも、ガンや病気の原因の一つですので、
無理に禁酒する必要はありません。

ビール 500ml
日本酒 1合
焼酎 2/3合
ワイン グラス2杯
ウイスキー 90ml
ブランデー 90ml

 

 

これを適量の目安にしてみてください。

 

これでは物足りないという人は、飲んでもよい日と
飲まない日を決めて、徐々に休肝日の数を増やしていきます。

 

他に没頭できる趣味や、気分転換の方法を見つけることも
良い手段となりますよ(^^)