医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

手術後の食事

大腸がん 食事 手術

 

手術で大腸のガンを取り除いた後、
2日〜5日くらいは流動食などの
腸に負担をかけない食事をとる必要があります。

 

以前は、手術の後はしばらく
水分補給しかできないこともありました。

 

しかし最近では、なるべく早く
普通の食事に戻れるよう、慣らすことの方が多いです。

 

食べる物にも、特に大きな制限はなく
刺激の強い香辛料や、消化の悪い食べ物を控える程度です。

 

 

術後の食生活は2つのポイントに注意

しかし、退院して自宅で食事をするようになれば、
完全に自己管理となります。

 

大腸ガンがまた発生しないように、
食事の内容だけではなく、時間や間隔など
たくさんのことに気を配る必要があります。

 

大腸ガンの食事

 

早食いはしない!

まず、早食いは絶対にやめましょう!

 

時間をかけて食事をする習慣をつけてください。
よく噛まずに、丸飲みする早食いは、便秘や消化不良の原因です。
大腸ガンのリスクも引き起こしてしまいます。

 

食事をする時間は一定に!

そして、食事をする時間を毎日一定に保ちましょう。

 

これは、規則正しい食事や生活のリズムを作ることで、
腸にもそのリズムを覚えさせるためです。

 

規則的な生活をしていると、毎日だいたい決まった時間に
しっかり排便できるようになります。

 

毎日しっかり出ていれば、便の状態も極端に硬くなったりしません。

 

 

いくら手術をしても、今までの食事内容や
食べ方を変えなければ、全く意味がありませんよね?

 

完治のためにも、一緒に頑張りましょう!

 

また、手術後は体調も万全ではないことを頭に置き、
常に自分の体の様子をチェックしながら、食事を調整していきましょう。