医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

野菜と果物

大腸がん 食事

 

大腸ガンの食事療法では、野菜と果物を
意識的に食べることが勧められています。

 

 

フルーツは食物繊維がカギ

大腸がん 果物

 

野菜を食べるのが健康に良いことは、
多くの人に知られていますが、果物はどうでしょうか?

 

果物は、甘くて美味しいのですが
普段あまり口にしないという人も、かなり多いのです。

 

特に若い世代は、食後のデザートは
ケーキやアイスなどの、加工食品を食べることが多く
果物を食べる習慣が、あまりないようです。

 

果物に含まれる食物繊維は、
野菜や豆からとれる食物繊維に比べて、
大腸ガンが発生するのを抑える力が大きいです。

 

お通じの改善にもなるため、大腸の状態をよく保ってくれます。

 

 

緑黄色野菜を中心にバランスよく

大腸がん 野菜

 

また、もちろん野菜の摂取も大事です。
野菜には多くの種類がありますが、
特に緑黄色野菜は積極的に食べてください。

 

ただし、好きな野菜ばかり食べるのではなく、
毎日変化のある食材を選びましょう。
(たんぱく質や乳製品なども含め、1日30品目が目安です。)

 

 

野菜・果物だけでがんは予防できない?

日本では、野菜や果物をたくさん食べても
大腸ガンを予防できない、と報告していることがあります。

 

インターネット上を見ても、このような記事が
多数出てくると思います。

 

しかし、野菜や果物が足りていないことで
大腸ガンの危険性を助長してしまうのは事実です。

 

完全に予防できるとは言えないものの、
摂取しないと危険な状態になってしまうのです。

 

旬の野菜や果物を楽しみながら、
野菜と果物をたくさん食べていきましょう!