医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

内視鏡検査

大腸がん 内視鏡 検査

 

内視鏡での検査は、一番確実にガンを発見できます。
内視鏡を腸の中に入れて、実際に映像を見ることができるためです。

 

昔は、バリウムを使ったレントゲン検査が一般的でした。

 

しかしガンの中には、突起が小さくて平坦なものもあり、
レントゲンにはよく映らなかったので、
発見が遅くなるというケースがよくありました。

 

最近では、検便やバリウムをやらず
直接内視鏡で大腸ガン検診をする人も増えています。

 

 

病院・医師の選択が重要!

大腸の内視鏡検査をする場合に注意することは、
必ず腕の良い内視鏡の専門医を選ぶことです。

 

腸は複雑に縮まっているので、その操作をするには
とても熟練した技術が必要です。

 

検査中は麻酔をしていますが、医師の腕次第では
麻酔をしていても激痛を伴って、苦しい思いをします。

 

内視鏡に精通した専門医であれば、とても楽に検査でき
時間もとても短いので、体力も消耗しません。
病院や医師の選択は、検診でも重要なポイントです。

 

 

検査の流れ

大腸がん 内視鏡

 

内視鏡検査は、以下の流れで行われます。

 

まずは、病院に入り下剤を服用します。

便が透明になるまで用を足します。

検査着に着替えて内視鏡室へ入り、説明を受けます。

麻酔を注射します。

※全身麻酔などではないので
気分がふわっとしたり、眠くなる程度です。

肛門から内視鏡を入れ、腸内の画像を撮影します。(約10分で終了)

撮影した写真を見ながら、診断結果を説明してもらいます。

 

麻酔を使用しますので、日帰り入院になることが多いです。

 

内視鏡検査関連ページ

ガン検診
CT検査