医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

ガン検診

大腸がん 検診

 

大腸ガンの検診では、検便とバリウムがよく知られています。

 

 

検便

大腸がん 検診

 

1次検査は、検便のみという病院もあります。
職場や学校の要請で、検便をした経験のある人も多いと思います。

 

大腸ガンは、便に血の混じる症状が出るので
この検査で血液反応の無かった人は「陰性」です。

 

ただ、陰性でも病気の疑いが全くないというわけではありません。

 

反対に陽性反応が出てしまっても、まだ大腸ガンだと断定はできません。
内視鏡検査や、エックス線検査を受けて、
腸の内部を画像確認し、正確な診断が下されます。

 

注意点は?

検便は、下剤を使っているときの便でも、問題なく提出できます。

 

女性の場合

ただし、女性の方は生理中の採取を避けてください。
経血が誤って混ざることがあるので、正しい検査になりません。

 

男性の場合

男性の方も、痔での出血を自覚しているときは採取できません。
痔の血液も、大腸からの出血と間違って診断されかねません。

 

 

大腸バリウム

大腸がん 検診

 

そして、大腸バリウムもよく知られている検査方法です。
企業や地域の健康診断でも、バリウムはよく使用されます。

 

バリウムという液体を飲んで、空気を入れた状態で
レントゲンを撮るという方法です。

 

腸の中に病気があると、その病気のある場所だけ
バリウムがはじかれるので、腫瘍の有無や大まかな位置が分かります。

 

注意点は?

バリウム液の味や感触が苦手な方も多いかもしれませんね。
空気注入をするので、お腹が張って少し苦しいのも難点です。

 

 

このように、誰でも馴染みのある検査方法で
大腸ガンのサインを受け取ることができます。

 

これらの検査を受けて、精密検査を進められた場合は
必ず受診して、早期発見に役立てましょう。

 

ガン検診関連ページ

内視鏡検査
CT検査