医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

CT検査

大腸がん 検診 CT

 

CT大腸ガン検査は、バーチャル大腸内視鏡検査と呼ばれます。

 

これは、普通の内視鏡検査とほぼ同じ精度でガンを発見でき、
安全性などもほとんど変わりがありません。

 

普通の大腸内視鏡は、肛門から内視鏡を挿入しますが、
それに抵抗のある人も事実、たくさんいます。

 

また、万が一検査中に大腸を傷つけてしまったら・・・
という恐怖感を感じる人も多いのです。

 

そういった、大腸内視鏡への抵抗がある人でも、
同じように検査ができると注目されているのが、CT検査です。

 

 

注意点

大腸がん CT

 

ただし、普通の内視鏡検査と同じように
とても効き目の強い下剤を飲む必要があり、
大腸に空気を注入する苦しさもあります。

 

また、この検査で腫瘍が見つかっても、通常の内視鏡のように
ついでに切除することができません。

 

腫瘍・ポリープがあって、切除の必要があるときは、
再度普通の内視鏡を使って、切り取る作業をします。

 

それでも、費用は普通の内視鏡検査より低額ですし、
精神的にも肉体的にも、負担は少ないとされています。

 

 

早期発見につながる!

大腸ガンは、初期段階では自覚症状がないことが多いです。
しかし、早期発見できなければ、治療はどんどん大変になり
生存率も低くなってしまいます。

 

自覚症状が全くないと、検査を受けようという気には
なかなかなれないものですよね。

 

このCT大腸ガン検査が広まれば、誰でも気軽に検査できるので
早期発見・治療につながり、生存率も高くなっていくのです。

 

CT検査関連ページ

ガン検診
内視鏡検査