医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

早期発見するために

大腸ガンは早期発見できれば、多くの場合が完治します。

 

どのような検査・検診があるのかをここで参考にしていってください。

早期発見するために記事一覧

大腸ガンの検診では、検便とバリウムがよく知られています。検便1次検査は、検便のみという病院もあります。職場や学校の要請で、検便をした経験のある人も多いと思います。大腸ガンは、便に血の混じる症状が出るのでこの検査で血液反応の無かった人は「陰性」です。ただ、陰性でも病気の疑いが全くないというわけではあり...

内視鏡での検査は、一番確実にガンを発見できます。内視鏡を腸の中に入れて、実際に映像を見ることができるためです。昔は、バリウムを使ったレントゲン検査が一般的でした。しかしガンの中には、突起が小さくて平坦なものもあり、レントゲンにはよく映らなかったので、発見が遅くなるというケースがよくありました。最近で...

CT大腸ガン検査は、バーチャル大腸内視鏡検査と呼ばれます。これは、普通の内視鏡検査とほぼ同じ精度でガンを発見でき、安全性などもほとんど変わりがありません。普通の大腸内視鏡は、肛門から内視鏡を挿入しますが、それに抵抗のある人も事実、たくさんいます。また、万が一検査中に大腸を傷つけてしまったら・・・とい...