医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

ガイドライン

大腸がん ガイドライン

 

大腸ガンを患っている方には、
一度、ガイドラインに目を通すことをお勧めします。

 

 

そもそも「ガイドライン」とは?

ガイドラインとは、一体どのようなものか
簡単に説明しておきます。

 

医療のガイドラインは、最新の技術や治療方法をまとめたものです。

 

医療は日々進化していて、新しい治療法や薬など
研究が進められながら、質を高めています。

 

医療の進歩は、普通は「研究発表」
というプレゼンのような形で報告されます。

 

しかし、毎回その研究発表を元に情報収集しているのでは
忙しい現場の手が追いつきません。
そこで、文書にまとめて「ガイドライン」を提供しているのです。

 

 

ガイドラインでわかること

大腸がん ガイドライン

 

このガイドラインで日本全国共通の、
基本的な治療方針などを知ることができるのです。

 

例えば、ある薬を飲んだ患者さんと
飲まない患者さんとの比較や、
治療をしたときと、しないときの状態を実際に試します。

 

その結果をまとめ、薬や治療法の効果について
患者さんが納得できるように説明しているのです。

 

大腸ガンにも、もちろんこのガイドラインがあります。

 

インターネット上でも公開されているので、
少し難しいですが、一度読んでみて欲しいと思います。

 

 

ガイドラインがあるわけ

一人の医師だけでなく複数の医師に診察を受けたり、
治療方針を相談する方も、最近ではかなり増えていると思います。
これをセカンドオピニオンと言います。

 

セカンドオピニオンを実践してみると、
それぞれの医師によって、意見や方針が違うことがあります。
患者はそのとき、不安や戸惑いを感じてしまいます。

 

そんな不安をなくそうと考えられたのが、
このガイドラインです。

 

大腸ガンという大病を抱えても、
治療方針に納得し、前向きに治療していけるよう
患者自身で勉強することができるのです。