医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

大腸ガンと年齢

大腸がん 年齢

 

部位によっては、ガンは比較的若い年齢で発症することがあります。

 

ガン自体を「高齢者の病気」
と思っている方も多いと思いますが、
大腸ガンは比較的若い年代でも発症します。

 

 

発症し始めるのは30代から

大腸がん 年齢

 

大腸ガンの患者数を見てみると、
男女共に、30代から発症の例が出始めます。

 

そして50代を過ぎると、さらにガン人口が増え
年齢を重ねると共に、どんどん増加しています。

 

30代というと、まだまだ働き盛り。
自分はまだまだ若い!と感じている人も、
周囲からそう見られている人も多いです。

 

また50代を過ぎても、仕事や家事など
活動的に生活している人が大多数だと思います。

 

自分はまだ若いから、ガンなんて無縁だろうと思っていると、
発見が遅れ、治療中心の生活を余儀なくされたりします。

 

そのためにも、30歳を過ぎてからは
自分の知識や感覚に捉われず、検診などを積極的に受けてください。

 

 

ピークは70歳代

大腸がん 年齢

 

そして、大腸ガンのピークは70歳代です。

 

大腸ガンに限らずとも、ガンやその他の病気は
60〜70代になると、誰でも発症する危険性が高くなるのです。

 

年齢と共に、ガンのリスクは高くなっていることを自覚し、
積極的に検診を受けるようにしてください。

 

ガンの治療や手術には、体力が必要です。

 

高齢になってくると、その体力も衰えがちなので
生活習慣の見直しや、運動不足の解消など、
若いうちから気を付けておく必要もあります。