医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

症状について

大腸がん 症状

 

大腸ガンの症状には、
どのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

代表的な2つの症状

大腸ガンの自覚症状は、多くが「便」に関するものです。

 

初期段階では、体のどこにも痛みを感じないので
発見が遅れてしまうことがあります。

 

便秘や残便感

大腸がん 症状

 

代表的な症状は、便秘や残便感です。

 

下痢や硬く排出しにくい便など、
便の状態が良くないことも、症状の一つです。

 

または、下痢になったり、便秘になったりと
便通の様子がころころと変わるときも、大腸ガンが疑われます。

 

しかし、これらは日常の中では比較的軽い不調なので、
まさかガンの症状だとは、なかなか結び付けにくく感じます。

 

血便

大腸がん 症状

 

ガンが進行していくと、他にも様々な症状が出始めてしまいます。
多いのが、血便です。

 

初期段階では、定期健診などでの検便のとき
目では見えない、ごく少量の潜血が出ます。

 

血便だと、目に見えて分かるときは、
すでに進行が始まっている証拠です。

 

実際には、定期健診で血便が確認されて始めて
精密検査をするというケースが一番多いです。

 

その他にも、痔に良く似た症状が出たりするので
「痛みもないし、病院はまだ良いだろう。」と
安易に捉えてしまいやすいのです。

 

 

不調があれば即病院へ!

さらに進行すると、痛みのあるしこりなどができますが
もっと早い段階での治療が重要です。

 

大腸ガンにしか見られない症状、というものがほとんどないので
知識のない一般の人は、体の中がどのような状況なのか
正確に判断することはできないのです。

 

便通や、便の状態など、少しでも不調を感じたら
病院へ行ってみるのが何よりの早期発見方法です。