医者嫌いの父も実践済み 『癌治療に効果的な食事法』とは?

大腸ガンとは?

大腸がん 早期発見

 

 

大腸ガンとは、

  • 「盲腸ガン」
  • 「直腸ガン」
  • 「結腸ガン」

の、総称のことを指しています。

 

大腸ガンの食事

 

 

簡単に言うと、大腸の一番内側の粘膜にできる、悪性の腫瘍のことです。

 

大腸は、体の中に収まるよう収納されていますが、
実際の長さはなんと、2メートルにも及びます。

 

長時間食べた物や、便となったものが溜まっている場所なので
健康な人であっても、細菌がかなり発生しやすいです。

 

 

ガンができやすいのは?

腸の中の粘膜の、どこでもガンはできてしまうのですが、
一番多いのが、S状結腸と直腸です。

 

大腸がん

 

そのため、直腸ガンや結腸ガンとも呼ばれているわけです。

 

初めは、腸の中にごく小さな隆起ができるだけですが、
これが進行していくことによって
「大腸ガン」が広がり、大きくなっていきます。

 

初期段階では、自覚症状が無いことも多いですが
進行していくに連れて、様々な症状が出てきます。

 

 

早期発見・早期治療が最重要!

大腸がん 早期発見

 

大腸ガンに限らず、ガンは早期発見・早期治療が何よりも大切です。

 

初めにポリープができ、そこからガンに発展していく場合と、
何らかの理由で突然ガンを発症させる場合があります。

 

しかし、そのどちらであっても、
早く発見して、治療を始めなければどんどん進行していきます。

 

大腸ガンの症状には、単なる不調だと思ってしまいやすいものがあるので
普段から自分の健康管理・体調管理をしっかり行い
自分の体の状態を把握しておくことが必要です。